ネットビジネスの世界で物販で2億円を稼いだ人の手法を解き明かすサイト

ネットビジネスって難しい?岩松勇人流を試したら上手くいく!

>

結局のところ「モノ」を売るのではなく「ヒト」を売る

「モノ」を売るには「ヒト」が大切!

「モノ」を売るにはなぜ「ヒト」が大切なのでしょうか。
売れる商品を探すのももちろん大切になりますが、その売れる商品を買うのは「ヒト」になります。
また仕入れるのも「ヒト」、ライバルである同業者も「ヒト」ということで「ヒト」を軸に考えなくてはいけません。

したがって「ヒト」の気持ちを考えて「モノ」を売ると上手く売れるようになるのです。
逆に「モノ」ばかりに集中していると全く売れずに行き詰るでしょう。

Amazonやヤフオクで「モノ」が売れてそれで終わりではなく、リピートしてもらえるようにお客様と信頼関係を築いていくことが重要なのです。
信頼関係がある程度できていれば、高額商品を展開しても買ってもらえる確率がグンっと上がるでしょう。

自分のファンを増やして売上アップ!

1つの商品を購入していただいたお客様と良い関係を継続していくためには何が必要になるでしょうか。
毎回新規顧客を獲得していくのは骨が折れることでしょう。
確かに新規顧客を獲得していくことも必要なことですが、一度購入していただいたお客様と信頼関係を築いていけばリピーターとなり継続して商品を購入してくれる可能性が高くなります。
最初は利益がないような商品を売ったとしても、そこに人と人との信頼関係を乗せることにより、より高額な商品が売れるというのも珍しいことではありません。

そのためには、一度購入いただいたお客様にはフォローにフォローを入れ、自分のファンになってもらいましょう。
そうすることで相手も安心しますし、こちらもお客様が次に欲しいものの情報を聞きだすきっかけにもなります。
「モノ」の向こうには「ヒト」が存在することを忘れないようにすることは、ビジネスをする上で非常に大切なことと言えるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る